特定コミュニティに依存しない「コミュニティ難民」は新たな道標

コミュニティ難民のススメ

【タイトル】 コミュニティ難民のススメ ― 表現と仕事のハザマにあること ―
【著者】 アサダワタル/著
【出版社】 木楽舎
【定価】 1,728円
【出版日】 2014年12月1日発売
【NDC】 361.6
【内容紹介】
特定のコミュニティに依存せず個人の生産活動を行いながら、社会との実践的な関わりを生み出す人々。本書では、そんな試行錯誤を繰り返しながら、枠組みを飛び越えて人生を楽しむ人々を「コミュニティ難民」と名付け、現代社会の新たな道標として紹介する。内田樹氏や梅原猛氏との共著でも知られる、宗教学者であり僧侶の釈徹宗氏との対談も収録。

このライフイベント・マネーの情報を見た人はこちらも