日本人を「勤勉」に駆り立てる自発的隷従のメカニズム

日本人はいつから働きすぎになったのか

【タイトル】 日本人はいつから働きすぎになったのか
【著者】 礫川全次/著
【出版社】 平凡社
【定価】 886円
【出版日】 2014年8月18日発売
【NDC】 366.94
【内容紹介】
自ら進んで早朝出勤し、常態化した長時間労働に何の不満を示さない。進んで引き受けるサービス残業、苛酷なノルマや理不尽なパワーハラスメントの横行…。日本人を「勤勉」に駆りたててきたものは何か? 二宮尊徳、吉田松陰、松下幸之助といった勤勉家を通して、自発的隷従のメカニズムを解説する。

この図書館のライフイベント・マネー情報を見た人はこちらも