生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

【タイトル】 生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの
【著者】 伊賀泰代/著
【出版社】 ダイヤモンド社
【定価】 1,728円
【出版日】 2016年11月26日発売
【NDC】 336.2
【タイトル】
「成長するとは、生産性が上がること」。いまの「働き方改革」において、最も重視すべきは生産性である。日本企業はホワイトカラーの生産性が圧倒的に低く、それが世界から取り残された原因に…生産性はイノベーションの源泉であり、画期的なビジネスモデルを生み出すカギ。本書では、マッキンゼーの元人材育成マネジャーが、いかに組織と人材の生産性を上げるかを紹介。

このライフイベント・マネーの情報を見た人はこちらも